KANEKO DENTAL OFFICE
アクセス
フォーム  フォーム

Strong Heart, Strong Life

初診の患者様へ
カウンセリング
ご予約・キャンセルについて
金子デンタルオフィス 医院情報
住所・電話
〒321-0963 宇都宮市南大通り1-3-8地図・アクセスマップ
TEL:028-688-8100
FAX:028-688-8200

---
診療時間
・急患対応…9:00~9:30
・一般診療…9:30~11:30/14:30~18:00
・土曜日の午後は14:30~16:30です。
---
診療科目
・一般歯科・矯正歯科口腔外科

インプラント

インプラントセーフティーマーク 当院はインプラント安心基準【インプラントセーフティーマーク】に認定されています。

日本口腔インプラント学会専門医
「栃木県では10名のうちの一人」


 

当院のインプラント治療とは

勘違いしないでください。当院では歯を抜いてなんでもインプラントにするという治療は行っていません。   

私がインプラント治療をお勧めするのは他の歯を守るため(削らないため)と入れ歯やブリッジでは咬みあわせを作るのが 困難な場合です。

「インプラント手術に関して」 怖いと思いの方、安心して下さい。
手術は「静脈内鎮静法」と言って眠った状態でオペが出来ますので、ストレスは全く感じません。
術後もあまり腫れませんし、痛みも少ないです。

プロフェッショナルな麻酔科医が全身を管理しながら安全に手術を行うのが 当院の特徴です。

症例1 1本歯がない場合


【術前】 【術後】
術前 術後

症例2 無歯顎

20歳若返るインプラント治療

術前の顔貌ですがいくつに見えます?歯がないと唇が引っ込みすごく老けた顔になってしまいます。 まだ40代の女性です。 あることをきっかけに歯科恐怖症となり痛くても我慢し歯科医院にはいかなかったそうです。その結果、むし歯、歯周病でぼろぼろになり歯が1本もなくなってしまいました。

写真をみてもわかるとおり骨があまりなく非常に厳しい状態なのでどこの歯医者に行っても断られ藁もすがる思いで遠方から当院にこられました。 最終的に口元が若返り、顔が変わる治療をするのはただインプラントを埋入するのではなく正確な診査診断をもとにインプラントの埋入位置、そして機能的に咬めるように咬みあわせを作り上げていく事が顔貌の変化につながります。

歯がない場合は総入れ歯という選択肢もありますが総入れ歯に満足されていない方はインプラント治療による審美的、機能的回復も選択肢の一つとなります。
当院ではどんな悪い条でも患者様のニーズに合わせた治療を行うことができます。

【術前】 【術後】
術前 術後
術前 術前

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎とは、インプラントに生じる歯周病に似た病気です。天然の歯と同様に、治療しないで放置してしまうと、周りの骨がなくなり、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。
インプラントの周囲に生じる、骨が溶けるという症状は歯周病と同様ですが、見た目上の炎症が弱く動揺がないため自覚症状が少ないのが特徴です。また、病気の進行速度が天然の歯と比べて非常に早く、歯周病が悪化するスピードの10~20倍の速さで進行していきます。

インプラント周囲炎これは、天然歯とインプラントのあごの骨に対する結合様式や歯根とインプラントの表面形状の違いに起因します。
歯と顎骨は直接結合しているわけでなく、コラーゲン線維つなぎとめられています。このコラーゲン線維による結合方式は組織学的に歯根膜と呼ばれます。この歯根膜は、歯と顎骨との間だけでなく、歯と歯肉の間にも存在し、歯周病の原因でもある細菌の侵入を防ぐバリアとしての役割も果たしています。
それに対して、インプラントと顎骨の結合様式は、オッセオインテグレーション(骨結合)と呼ばれ、両者は直接結合しており、歯根膜が存在しないため、インプラントでは病気の進行が速くなってしまうのです。
また、天然歯の場合は、歯根膜が存在することによって歯に生理的な動揺(歯の揺れ)がありますが、インプラントにはそれがありません。
天然歯の場合には歯周病の進行に伴って歯の動揺が次第に大きくなり、患者さま自身が何らかの異常を自覚できますが、インプラントの場合、骨が失われても動揺がないため患者さまは異常を自覚することができません。

さらにインプラント周囲炎が進行し周囲の骨が失われると、天然歯の場合はものが噛みにくくなったり、噛んだときに痛みが生じたりしますが、インプラントでは同じように症状が進行しても、動揺はおろか痛みさ生じないのです。その結果、患者さまがインプラントに異常を自覚したときには、既にインプラント周囲炎は進行しており、インプラントを除去せざるを得ない状態になっていることが少なくありません。

インプラント周囲炎

現在の日本におけるインプラント埋入後の脱落やトラブルの多くが定期的なメインテナンスの欠如をその原因としています。インプラント治療後、メインテナンスなどのケアに積極的でない医院もありますが、当院ではインプラントを埋入時点だけの治療とは考えておらず、定期的なメインテナンスをとても大切にしています。

歯周病やインプラント周囲炎は細菌感染によっておこる病気のため、一度細菌を完全に除去しても、定期的なケアを怠れば、再度感染・発病してしまう可能性があります。特にインプラント周囲炎は、歯周病よりも病気の進行が早いので早期発見のためにも、当院では3カ月に1度の定期検診をお願いしております。
※プラークコントロールができない方は1ヶ月に1度の定期検診を行っています。

このようにインプラントとは、入れたら終わりではありません。さらに天然歯と違い、あくまでも人口の歯、自分の体から湧き出た物ではないため、抵抗力がありません。
咬み合わせや、他の歯を守ると言った意味ではインプラントはすごく適しているものですが、日ごろのケアや定期検診を怠ると凄いスピードで吸収してしまいます。
自分の歯と同じ様に長く使う為には、定期的なメインテナンスがとても大切です。

画像:インプラントネット



住所・電話 診療時間 金子デンタルオフィス 診療科目
〒321-0963 宇都宮市南大通り1-3-8
地図・アクセスマップ
TEL:028-688-8100 / FAX:028-688-8200
急患対応…9:00~9:30
一般診療…9:30~11:30/14:30~18:00
※土曜日の午後は14:30~16:30です。
・一般歯科・矯正歯科口腔外科

Copyright (c) 医療法人 KANEKO DENTAL OFFICE All rights reserved.