KANEKO DENTAL OFFICE
アクセス
フォーム  フォーム

Strong Heart, Strong Life

初診の患者様へ
カウンセリング
ご予約・キャンセルについて
金子デンタルオフィス 医院情報
住所・電話
〒321-0963 宇都宮市南大通り1-3-8地図・アクセスマップ
TEL:028-688-8100
FAX:028-688-8200

---
診療時間
・急患対応…9:00~9:30
・一般診療…9:30~11:30/14:30~18:00
・土曜日の午後は14:30~16:30です。
---
診療科目
・一般歯科・矯正歯科口腔外科

安全・安心のための全身管理「精神鎮静法」の応用

不安・恐怖からの解放

歯科治療は、多くの患者さんにとって不安、緊張を伴なうものです。

歯科診療中の全身的偶発症でもっとも多いのは、脳貧血様発作いわゆるデンタルショックですが、これは歯科治療に対する不安や緊張、恐怖感など精神的なストレスが大きな原因となっています

また精神的ストレスは、患者さんが有する全身的基礎疾患を急性増悪させる原因にもなります。

たとえば歯科治療時の過度の血圧上昇や狭心症発作、喘息発作、てんかん発作の発症には精神的ストレスが引き金となることがあります。

患者さんの不安、緊張感を取り除くためには、患者さんの不安、緊張感を取り除くためには、患者さんと十分なコミュニケーションを図り、親切・丁寧な対応を心がけることが基本をなりますが、それに加えて最近では薬物を用いた「精神鎮静法」を臨床に応用する歯科医院も増えてきました。

精神鎮静法は、歯科治療に対する不安・緊張感を軽減・除去し精神的ストレスに伴う不快症状の発現を防ぐための、まさに安心・安全な歯科治療を目的とした患者管理方法です。

精神鎮静法には笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法とがあり、それぞれの症例により選択されています。

精神鎮静法の適用
  • 歯科治療に対して不安、恐怖感、緊張感をもつ患者
  • 歯科治療時に気分不快や意識消失などの既往をもつ患者
  • 高血圧や心疾患などの全身疾患を有する患者で、ストレスを最小限にしたいとき
  • 嘔吐反射が強い患者(異常絞扼反射)
  • 長時間あるいは侵襲が比較的大きい歯科治療 不随意運動をする患者(脳性麻痺)
  • 障害者の歯科治療
※精神鎮静法のテクニックは心身障害者の歯科治療を行う際の全身管理(行動調整)にも応用されます。

笑気吸入鎮静法(Inhalation Sedation;I,S)

笑気ガスと酸素との混合ガスを鼻マスクから吸入させ、不安、緊張感を軽減・除去する方法です。
適切な笑気濃度であれば、患者さんはリラックスして気分がよく、快適に歯科治療を受けることができます。バイタルサインに大きな影響を与えず、鎮静状態からの覚醒もすみやかです。

一般に笑気濃度は30%程度が用いられますが、適切な鎮静度が得られる笑気濃度には個人差があります。高濃度の酸素投与(70%以上)が同時に行えることも大きなメリットになります。

静脈内鎮静法静脈内鎮静法(Intravenous Sedation;IV,S)

鎮静作用をもつ薬剤を静脈内に投与し、患者さんの不安・緊張感を軽減・除去します。


精神鎮静法と全身麻酔の違い

精神鎮静法 全身麻酔
  • ウトウトして眠くなるが、意識はなくならない。
  • 呼びかけや刺激に対して反応できる
  • 自分で呼吸できる
  • 意識が完全になくなる
  • 呼びかけや刺激に対してまったく反応しない。
  • 人工呼吸が必要
「めざせ!安心・安全のハイジーンワーク」より抜粋
日本大学松戸歯学部 歯科麻酔・生体管理学講座 准教授 山口秀紀先生


住所・電話 診療時間 金子デンタルオフィス 診療科目
〒321-0963 宇都宮市南大通り1-3-8
地図・アクセスマップ
TEL:028-688-8100 / FAX:028-688-8200
急患対応…9:00~9:30
一般診療…9:30~11:30/14:30~18:00
※土曜日の午後は14:30~16:30です。
・一般歯科・矯正歯科口腔外科

Copyright (c) 医療法人 KANEKO DENTAL OFFICE All rights reserved.